外国人の住まい探しを支援する検定試験

協会案内

  • HOME »
  • 協会案内

協会の役割

外国人の皆さんが、日本で賃貸住宅を借りる際、大家さんの理解を得られず、気に入った住居でありながら賃貸不可となる事が多々あります。

外国人の受け入れの障害となっている理由としては、日本独特の商習慣の違いによる賃貸借契約内容の理解不足や、生活習慣の違いによる生活マナーに関するトラブルが発生するのではないかという不安が影響しています。

家を借りる時に、日本独特の不動産に関する商習慣や、日本での賃貸生活におけるマナーを理解していることを大家さんに示す手段があれば、交渉はよりスムーズに進むことでしょう。

「賃貸生活マナー検定」の合格基準を満たすことで、日本での生活習慣及び賃貸住宅の商習慣に関する一定の知識を取得したことを「合格認定」にて示すことができます。

「賃貸生活マナー検定」は、大家さんの理解を得るための手助けとなることを目的に企画された検定試験です。

一般社団法人 賃貸生活マナー検定協会
代表理事 鴨打孝之
受験申込みページに移動します。

検定を活用する大家さんはウチコミで増えています。

検定を活用する大家さんはウチコミで増えています。

日本で学ぶ留学生に役立つサイト

日本で学ぶ留学生に役立つサイト
PAGETOP